バリアフリー対応リフォーム

☆高齢者や障害者を取り巻く社会環境☆

 ☆住環境整備の流れ☆

車椅子を対象とした洗面カウンター

懸吊式リフトを設置した浴室

木構造を基本としてきたわが国の住宅は、床面に段差ができやすくなり、そのことが高齢者や障害者の生活動作に大きく影響を与えています。
ときとして、生活動作の不便・不自由さをつくりだし、家庭内事故の原因になっています。
このような事故を少なくするためには、高齢者や障害者の身体的特性や行動特性をもっとも配慮した住宅の設計や施工が必要となります。

家庭内事故を少なくするために、高齢者や障害者の身体的特性や行動特性にもっとも配慮した住宅の設計や施工が必要になります。
バリアフリーのリフォームは決して大きな工事だけではありません。手すり一つ付けるだけでも日常生活の大きな手助けになるはずです。
リフォームの事なら大きなことから、小さなことまでお気軽にご相談ください。
ミヤフサ建設株式会社では2名の福祉住環境コーディネーターを配置しており、より良い環境作りに貢献いたします。
社員一同、お客様から相談してよかったと言っていただけるように努力していく所存です。

車椅子の高さに合わせて洗面カウンターを設置。
車椅子対応の洗面カウンターは薄型にして車椅子を下部に入れやすくする。
アームレストとぶつからないように高さを工夫する。
(例)段差の解消、手すりの設置
   階段の手すり・位置・形状、スペースの配慮
   福祉用具の具体的な活用
使用する高齢者や障害者の一人ひとりの身体状況にあわせて浴槽の高さを決定する。
浴室内に手すりを設置。
出入り口の段差を解消し、浴室のドアは引き戸にする。